モテるテクニックが満載!

セックスで女性が本当にイクときの特徴、演技の見破り方

セックスのときに、女性が本当にイってるのかどうかって、わかりづらいですよね。実際、多くの女性が、イったフリをしているらしいのです。ということで、ここでは「演技なのか本当にイっているのかが見破れる7つの特徴」を紹介していきます!

イクときの特徴1.体に力が入ったあとに一気に脱力

イクときの特徴1.体に力が入ったあとに一気に脱力

女性は、気持ちよくなってイキそうになってくると、体全体に力が入っていきます。特に手足や腰から膣の辺りに、力が入っていくようです。体が力んで硬直した状態のまま、目をつむったりのけぞったりして、イク瞬間を迎える人もいます。そしてイって絶頂を感じると同時に、体の力が一気に抜けていきます。イったあとには、快感の余韻と力んで疲れた脱力感で、女性はぐったりとすることが多いです。

これは、演技ではなかなかできないので、本当にイっているかどうかの分かりやすい見破り方ではないでしょうか。

イクときの特徴2.アソコが痙攣する

イクときの特徴2.アソコが痙攣する

女性がイクときは、膣がビクンビクンと痙攣します。収縮しているような感じです。挿入しているときやセックスの直後には、確認をするのが難しいかもしれませんが、男性性器が突然にキツく締め付けられる感じがしたら、女性が本当にイっている場合が多いです。

膣やクリトリスを愛撫しているときに女性がイッた場合は、膣が痙攣しているのを指で感じることができます。挿入しているときより、分かりやすいので、試してみてくださいね。

ちなみに、女性がイったときには、0.8秒に1回という速さで、膣が痙攣します。なので、絶対に演技ではできないので、これも分かりやすい見破り方法になります。

イクときの特徴3.喘ぎ声の変化

女性はイキそうになってくると、体全体がとても敏感に感じやすくなっていきます。自然に呼吸も、荒く大きくなっていきます。喘ぎ声の変化は、人それぞれによって少し違うので、見破るのが簡単ではないのですが、イクときには前戯のときや挿入し始めのときとは違った喘ぎ声になる瞬間があるので、注意して聞いてみましょう。

本当に感じてイっている場合は、喘ぎ声のトーンや、早さが前戯のときとは変わるはずです。アダルトビデオのような喘ぎ声とは違い、本当に感じている喘ぎ声を聞き分けてみてくださいね。

ただ、イクときに恥ずかしくて、声が出せない女性もいるので、そういう場合は1と2、あるいは4の見分け方法を参考にしてください。

イクときの特徴4.目を閉じる

イキそうになると、快感にもっと集中するために、目を閉じる女性は多いです。目を閉じることによって、聴覚も触覚も敏感になるので、感度が増してイキやすくなるからです。また、イクのが恥ずかしいから目を閉じる女性もいます。

体に力を入れると女性はイキやすくなるので、体に力を入れるときに目を閉じる女性もいます。男性の顔を見ながらイク女性が少ないのも、目を閉じてイクことに集中すると、イキやすくなるからです。

イクときに目を閉じる行為は自然の行為なので、わざわざイったふりのために目を閉じる女性は少ないでしょう。体に力が入って、しかも目を閉じている場合は、高確率で女性は本当にイっています。

イクときの特徴5.普段言わないようなことをエロいことを言う

イク直前になると朦朧としながら「中で出して欲しいの!」と言う女性が結構います。女性は本当に気持ちよくなると、本能的に相手の子種を宿したくなるのです。理性がぶっとんでイキそうになると、ストッパーが完全に外れます。本来なら妊娠のリスクを考えているような女性でも、「この瞬間はどうなってもいい!」と思ってしまうものなのです。

カンパニー松尾さんというハメ撮りAVで有名なAV監督がいるのですが、この人は避妊せずにセックスしていることがあります。そのときにAV女優が「お願い!中で出してえぇよぉおお!!」と叫ぶシーンがよく出てきます。完全に演技を超えているので、マジなのでしょう。懇願する女優の願い空しく、ほとんどの場合、カンパニーさんは膣外射精をします。女性がイッちゃうと「計画的な人生を送る」など、普段考えていることが一瞬にして、どこかへいってしまうことがあると覚えておきましょう。普段はこういった発言をしない女性が言った場合は、まず本気だと判断して間違いありません。

イクときの特徴5.体が熱くなる

女性がイクとくというのは、体が熱っぽくなります。その結果、かなりの汗をかくのです。この汗のかき方に着目してほしいのです。絶頂に達したときの汗のかき方というのは特徴があるのです。体全体にじんわりと汗をかいてくるのが、イクときのかきかたです。性欲を司る『性中枢』は視床下部にあります。実は発汗中枢の場所は、性中枢のすぐ近くなのです。だからオーガズムに達した際に、汗がじわっと出始めるのではないかと言われています。いつもよりも汗の量が多いなと感じたときは、あなたが女性をイカすことができたときかもしれません。汗の量までは演技でごまかすことができないので、わかりやすい見破り方だと言えます。

イクときの特徴6.どこでも感じてしまう

男性の場合、射精した直後に亀頭を舐められたり、触られたりすると、くすぐったくなります。実は女性もオーガズムのあと、とても敏感になるのです。一度イクと、体に力が入らなくなります。これはリラックスできているから、このようになるということでもあります。イキづらい女性というのは、どこかに精神的な問題を抱えていたり、相手を信頼できていないということが多いと言われています。反対に一度イケると、その相手とのセックスはどんどんイキやすくなるのです。女性がイッたあとに、感度がもっと上がったらそれは本当のオーガズムだったということですね!

イクときの特徴7.イッタあとの彼女の笑顔が、本気の笑顔

これはイキ終えたあとの話なのですが、イクことで女性の精神が満たされるのです。ストレスなどもオーガズムで発散されると言われております。そのため、イッたあとの女性は機嫌がかなり良くなるのです。いいセックスをしているカップルは、長続きすると言われているのもそこと関係がありそうですね。よく「喧嘩したあとのセックスは燃える」と言いますが、言い換えると「セックスでイッたから不機嫌が上機嫌へと変化した」ということでもあるのです。「イったのかな?」と思ったのに、そのあと女性が素の顔や仏頂面になった場合は、イッた演技をしていたと判断していいでしょう。

いかがでしたか?これだけの知識がつけば、見破れる確率がこれまでよりもかなり上げれると自信が出てくるはず!セックスのときには、相手の女性をさりげなくじっくりと観察して、本当にイっているのかどうか見極めてみましょう!

 

引用元 https://pan-pan.co/detail/32942

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です