モテるテクニックが満載!

プロが教える、本当に気持ちいいGスポットの攻め方

今まで外イキしかしたことのない女性、またはパートナーを中でイカせることができない男性に知って欲しいのは、やはり攻めるべきは「Gスポット」だということです!

触ってみればクリトリスとはまた違った快感が得られ、きっと何かに目覚めるでしょう。ポイントは「諦めずしつこく」!外でも中でもイケるようになれば、これまでより数倍、いえ数十倍充実したセックスライフを送れること間違いなしです。

Gスポットの位置を知ろう

Gスポットの位置を知ろう

そもそもGスポットってどこにあるの?そんな疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。まずは正しいGスポットの場所を把握しましょう。

Gスポットはずばり、膣の中、女性のおなか側の壁面にあります。女性が仰向けになり、膣に1本指を入れて、手前からおなか側の壁面をツツーッと滑らすようになぞってみてください。

なぞるだけでわかりにくければ、指の第一関節を曲げて壁をつつくようにしながら位置をずらしていくと、絶妙に感じる場所が見つかるはず。そこがあなたのGスポットです。

物の本によると膣の入り口から4~5cmなどとも書かれていますが、個人差がありますのでその人の一番感じるポイントを見つけることが大切です。

また、Gスポットの範囲や感触も広かったり狭かったり、ザラザラしていたりツルツルだったりと人さまざまなので、『Gスポットとはこうである』という固定観念がある方は早めに払拭してくださいね。

Gスポットを開発しよう

Gスポットは女性の中イキのための砦といえます。場所がなんとなくわかったら、今度はそこを『気持ちいい』と感じられるように開発していくことが必要になります。

はじめは『そこ、なんか変な感じ・・・』という程度の方が多いと思います。でもそれは、あなたの体がまだ開発されていないから。少しずつ刺激を加えていき、最高の快感を手に入れましょう。

ここで、こちらの動画をご覧ください。

この動画によれば、女性がGスポットで感じるためには「マスターベーション」が必要なのです!自分の気持ちいい場所を自分で知り、そこをパートナーに攻めてもらう、ということですね。

動画提供元のエルシーラブコスメティックといえば、女性の声を活かし女性のためのラブグッズを多数開発している企業ですので、これは信憑性の高い話ですね。

また、以下の動画もとっても参考になるので、チェックしてみてください。AV男優 加藤鷹さんのGスポットに関するテクニック動画です。透明な膣の模型をつかって、Gスポットの位置や正しい攻め方が事細かに動画で説明されているので、非常にわかりやすいです。

 

開発ステップその1:優しく触れてみよう

まずは女性が一人で行うトレーニングです。自分のGスポットに触れて体を慣らすところから始めてみます。一番簡単なのは、押したり擦ったりという指の腹で圧迫する方法です。

優しく壁面をたどりながら指をクイックイッと上下に動かしていきます。刺激に慣れないうちは尿意に似た気持ち悪さを感じることもあるので、無理をしないように少しずつほぐしていきましょう。

自分の気持ちいい場所を自分で開拓するなんて、素敵なことではないでしょうか。

マスターベーションではなく二人で行う場合、男性はパートナーの反応をきちんと見ることが大事です。女性はその部分を刺激されてどんな感じかをパートナーにキチンと伝えましょうね。

男性は指の当たる角度を変えながら、「ここ気持ちいい?」「こうするとどう?」など声をかけてあげましょう。そして女性は感じてきたら、恥ずかしがらずに素直に答えましょう。

変に気を使うと、男性も本当に感じる部分がわかりませんし、あなたも気持ちよくなりませんよ。恥ずかしさを捨てて、気持ちよくなることに集中しましょう。

開発ステップその2:刺激を強めてみよう

Gスポットで快感を感じるようになったら少しずつ刺激を強くしていきます。ググッと圧迫の力を強めたり、コリコリと指先の硬い部分を使ってみたり、クルクルと円を描くようにしたりすると感じ方がそれまでとはまた全然違ってきます。

そしてさらにそこから指を出し入れします。刺激が強くなってより快感がヒートアップしてくると、膣内が膨らんで空洞ができ、指も動かしやすくなりますので、だんだん動きを早めていきましょう。

そのうちにビリビリと痺れるような感覚が訪れればしめたもの。この調子で絶頂へと突き進んでいきましょう。

開発ステップその3:潮吹きに挑戦してみよう

最後のステップでは、潮吹きに挑んでみます。これは好き嫌いが分かれるので、よりセックスにスパイスを求める方にのみ試していただきたいのですが、Gスポットは潮吹きしやすい場所と言われます。

「潮吹きって何?」と思われる方のために簡単に説明をすると、女性の尿道から尿ではない液体がピューッとまるで男性の射精のときのように噴き出ることです。

この様子が鯨の潮吹きに例えられてこう呼ばれています。潮吹きをする(させる)ためには、Gスポットに強い刺激を与えながらとにかく指をマッハで出し入れします。

体質もあるので誰でも必ずというわけではありませんし、女性の体調などによってもしやすさ・しにくさがあります。

AVではよく見かける光景のようですが、男優さんが中指で、もしくはもう1本薬指や人差し指も使って、相手の女優さんのGスポットを強く早く激しく出し入れしていると、次第に女性が狂ったように喘ぎ始めます。それでもさらに手を止めずに続けていくと、女性がついに潮吹きをしてフィニッシュを迎えます。

感覚としては、「何かが出そう、出る、ああああーーーー」という感じになり、最終的に「出ちゃった・・・」という結末になるようです。

ただしこれは「絶頂」、いわゆる「イク」状態とはイコールではないようですので、男性は潮吹きを嫌がる女性もいるということを念頭に置いてくださいね。

また、マスターベーションでも潮吹きする女性は居るようですので、自分で潮吹きしたい女性は諦めずに試してみてください。

ちなみに、セックスの前に用を足しておくと潮吹きしにくくなります。潮は尿と同様に尿道から排出されるものですからね。潮吹きしたくない女性は事前にトイレに行き、膀胱を空にしておきましょう。

開発できたら…バイブによるGスポットへの刺激

指によるGスポットの開発が済んだら、次はバイブでの中イキに挑んでみましょう。開発されたGスポットにバイブを当てると、これまでにないような刺激が味わえますよ!

そもそも、Gスポットへの刺激は「素早く」「的確に」行うことが大事なのですが、指で長時間この作業を行うと疲れてしまうものです。

また、女性がオナニーとしてGスポットを刺激する場合も、自分の膣に指を入れて出し入れするというのは、体勢的になかなか困難です。そんな時にバイブがあれば、ラクラクとGスポットを刺激することができるのです。

バイブの細やかでリズミカルな振動は、まさにGスポットを刺激するために開発されたかのようにぴったり。彼氏の手マンやオナニーでは中イキできなかった女性が、バイブを使い始めてすぐに中イキできるようになった…なんて話もありますから、指で開発できなかった場合も一度バイブを試してみると良いかもしれませんね!とは言え、彼女がバイブの虜にならないことを祈りたいですが…。

開発できたら…ペニス挿入によるGスポットへの刺激

女性がGスポットで中イキするためには、的確に、長時間Gスポットを刺激する必要があります。これをペニスで行うのはなかなか難しいことなのですが、それでもペニスで中イキを誘発することは不可能ではありません。ただ、ペニスでのGスポットイキを可能にするには、いくつかの条件が必要です。

その条件とは、まず「女性が感じていること」。女性が感じていない状態では、Gスポットをいくら刺激してもオーガズムを与えることはできません。

膣内がうるみ、Gスポットが敏感になってこそ、ペニスでこすられることでのオーガズムが発生するのです。女性の興奮はGスポット刺激されることよりも、その他の要因(雰囲気やクリトリスへの刺激)などで誘発されることが多いので、挿入前にたっぷりと前戯を行っておくと良いでしょう。

次に「ペニスがGスポットを的確に突くこと」。ペニスは指に比べて鈍感ですから、指で触るとGスポットがわかっても、ペニスではわからないことが多いのです。

「どこだ?」と思った時に、やみくもに突くのはやっぱりNG。女性がイケないまま、男性だけがフィニッシュすることになってしまいます。

ではどうしたら良いかというと、まずゆっくりと挿入し、ペニスの挿入角度や体位を変えながら女性の反応を見てみるのです。様々な角度を試せば、その中で明らかに女性の反応が違うというポイントが見つかるはずです。

「あっ…?なんかソコ…ダメ…」みたいな反応があったらしめたものです。その角度を覚えて、しこたま突いてあげましょう。

開発できたら…ポルチオによるGスポットへの刺激

Gスポット開発ができて、彼女が中イキできるようになったら、さらに深い快感を得られると言われている「ポルチオ」も開発してみましょう。ポルチオは膣の最深部に位置しており、ペニスでは到達しえない隠れたGスポットです。しかし、女性が中イキすると、この最奥の性感帯がペニスでも刺激可能な手前までおりてくると言われているのです。

直接的にペニスで突くことはできなくても、奥を突くことによってその刺激がポルチオ性感帯に届き、女性は感じたことのない深いオーガズムに陶酔することができるのだとか。これは女性一人ではできない技ですから、ぜひ二人でセックスを繰り返して開発していきたいですね!

ポルチオのキメ方については、先ほどご紹介した通り、まずは女性を中イキさせることです。指やペニス、バイブをつかって女性を一度オーガズムに導きましょう。

クリトリスでイかせても良いのですが、中イキさせたほうが膣内が柔らかくなり、より膣奥のポルチオが刺激しやすくなります。

女性が一度イッたら、いよいよポルチオを目がけて挿入を開始します。奥に当てるように腰を深くつきだしましょう。挿入したままぐりぐりと奥をえぐるように動かすのも効果的です。振動がポルチオに伝わって、女性は深い陶酔によいしれるでしょう。

また、この時に女性の腹側から子宮あたりをトントンと指で軽く叩いてやるのも効果的だと言われています。これは「体外式ポルチオ」と呼ばれ、体の外側からポルチオに刺激を与える方法です。

これができるようになると、体のどこを振動させてもポルチオがキマるようになるんだとか…!ちょっとやりすぎかもしれませんが、彼女をどこでも発情させたいなら、試してみる価値はあるかもしれませんね。

Gスポットとクリ愛撫との合わせ技で女性を虜に

Gスポットをペニスで突いている時、ふと、右手が空いているなと思ったら、せっかくですから、クリトリスも愛撫してあげましょう。

女性はとにかくクリトリスへの愛撫が好きですから、Gスポットと一緒にクリに刺激を与えてあげると、より興奮が高まります。

クリトリスを愛撫することで、膣の中の濡れ具合も良くなりますし、キュッとした膣の締め付けも感じることができますよ。

ただし濡れすぎるとペニスでの刺激がGスポットに伝わりにくくなるので、「濡れすぎているな」と思ったらペニスでの刺激だけに切り替えて様子をみるようにしましょう。

【体験談】女性に聞く!中イキと外イキの快感の違いとは?

Aさんの場合→「中イキと外イキだったら、断然中イキのほうが気持ち良い。外イキだと一回イっちゃうともうイケないって感じだけど、中イキなら何度でもイケそうな感じになる。一回イってからまた挿入された時の気持ちよさがなんともいえない」

Sさんの場合→「中イキ派。クリトリスを愛撫されるのも好きだけど、挿入されてるときは彼氏とセックスしてる〜って実感できてきゅんきゅんする。中イキする時は、中がぎゅーっとなってすっごく気持ちいい」

Oさんの場合→「オナニーはもっぱらクリ派だけど、セックスするなら中でイキたい。でも私のGスポットはかなり奥にあるっぽくて、なかなか中イキさせてくれる人がいないww

前に出会い系で会った人はチン○がすごく長くて、その人とヤッた時はすごく気持ちよかった。次に男と付き合う時はやっぱデカチンだねw」

以上、やっぱり中イキは外イキより気持ち良いらしいです。これは男性陣が頑張らないといけないってことですよね。気合いいれていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です