モテるテクニックが満載!

夢精の本当の原因&夢精する方法

寝てたら勝手に射精した?!夢精の本当の原因&夢精する方法 皆さんは寝ていたら

いつの間にか射精していたなんていう経験はありませんか?

オナニーをしていたわけでもないのに、朝起きて下着を見てみると、

べっとりと精液がくっついていたというような経験です。

もしかしたらそれは夢精と呼ばれるものかもしれません。

今回はそんな夢精の原因についてご紹介していきたいと思います。

夢精とは何か

夢精とは何か

まず夢精とはいったい何なのかというところからお話します。夢精は本来、13歳~16歳の思春期に多く見られる現象とされていて、多くは睡眠中に性的な夢やオルガズムと呼ばれる性的な緊張から解き放たれた状態になり、勃起をすることで射精をしてしまうといった現象です。

ですが場合によっては、夢を見たりしていなくても夢精をしてしまうという人もいるようで、人によって様々なタイミングでなってしまうそうです。

ごくたまに「これは何かの病気なんじゃないか」と思う男性もいるようですが、基本的には病気などで夢精してしまうということは殆どありませんので安心してください。

夢精の原因、射精反射とは?

夢精の原因とは
では、先ほどご紹介したような夢精をしてしまう原因とはどのようなことが考えられるのでしょうか。原因というのはいくつか考えられるようですが、まず始めに考えられるのは射精反射というものです。

 

男性の中には精液の成分を作っているとされている精嚢腺(せいのうせん)と呼ばれる場所があります。さらにそれに加えて前立腺が大量に分泌液を作ってしまうために、自律神経を保つために射精反射が行われると言われています。

 

特に夢精が行われる夜は寝ていることでトイレにも行きません。そのため尿も溜まってしまうため、この尿道と接している精嚢腺や前立腺がより圧迫されやすくなり起こりやすくなると考えられます。

 

他にもオナニーをしたりセックスをしたりする回数が少なく、精液を体外に出している回数が少ない人は、夢精によって調整されるため、他の人に比べると夢精が多くなると言われています。

 

他に原因として考えられることは、先ほど病気の可能性はほとんどないと言いましたが、まれに精神疾患などが原因で夢精が起こる人も中にはいると言われています。

 

勃起をしていないのに射精してしまったり、寝ていない時に射精を繰り返してしまうという人は神経が衰弱していたり精神が知らぬ間に興奮している状態となってしまっている可能性もあり得ます。気になるようでしたら専門のお医者様に掛かってみた方が良いかもしれませんね。

 

夢精の原因は疲労にもあった

先ほどいくつか夢精の原因を上記で挙げました。しかし、それ以外にも夢精の原因はあると言われています。例えば疲労が溜まることで夢精をしてしまうということもあるのです。

疲れていない男性ならば、オナニーでもセックスでも、日常的に行うことはできるでしょう。そのため、しっかりと性処理が通常通り行えています。

しかし精神的にも身体的にも疲れていると感じ、「帰ったらすぐ寝よう」という男性は非常に多いと思います。そうなってしまうと1週間1日もオナニーをしないということもあり得ますよね。実は身体的に疲れていたとしても、それは精子を体外に放出しなくても良いということではありません。

つまり、疲れているからオナニーをするのはやめておこうと思い、オナニーをしないとします。そうすると身体的には疲れないので良いかもしれませんが、身体は正直ですから、古い精子を体外に出したがっています。したがって、勝手に射精をしてしまう夢精という現象が起こってしまうのです。

ストレスが原因で夢精することも

先ほどは疲れることで夢精が起きやすくなる可能性があるというお話をしました。今度はストレスを溜め込んでしまうことで、夢精が起こる原因となるというお話をします。

ストレスを溜め込んでしまうと、一見性欲は衰えてしまうのではないかというように思われがちです。たしかに女性の場合はそのようになってしまう人が多いとされています。しかし、男性は性欲がより強くなると言われているのです。

ストレスを溜めてしまうことによって、身体が危険信号を発信します。それにより男性特有の生命の危機、いわゆる子孫が残せなくなってしまうかもしれないという危機を感じ、性欲が強くなるという現象に繋がるのです。

性欲が強くなることによって、もちろん今までよりも性行為に関する思いが強くなりますから、夢精が起きやすくなる原因になるのです。

30代でも夢精する原因は?

夢精と聞くと、「性欲が強い10代後半から20代の男性が起こるものなのでは?」と思う人も多いかと思います。たしかに20代の男性が起こる確率が高いように思われますが、実は30代の男性でも夢精が起こる可能性は高いのです。

では一体、なぜ30代にもなっている男性が夢精をしてしまうのでしょうか。これは人によるのですが、30代になっても性欲のある男性ならば夢精をしてしまうことはあるのです。そうなると40代になっても性欲がある男性ならば起こりますし、年齢は関係が無いのですね。

精子の量が多い人と少ない人といると思います。したがって、「30歳過ぎたのにもかかわらず夢精してしまった。病気なのかな?」と特別心配することはないのです。どうしても心配だというのであれば、お医者様に相談するのも良いでしょう。

夢精は想像以上に気持ちいい

なんだか夢精って恥ずかしいからしたくないな、と思う人もいるかと思いますが、実は夢精というのはオナニーをしたりセックスをするよりも、射精時がとても気持ちが良いものであるということはご存じですか?

夢の中で起こるものですから、自分の精神的な面だけで射精をすると言っても過言ではありませんので、物理的な面での邪魔が入らないということが一番の魅力だと言えるでしょう。

夢の中ならわからないんじゃないの?と思う人もいるかもしれませんが、夢の中でもはっきりとわかるほど、夢精は普通の射精に比べて強力だと言われています。

夢精をした後は、夢なのか現実なのか区別がつかなくなってしまう、つまり夢心地の状態で、とろけるように頭がボーっとしてしまうと言います。また腰が抜ける感覚だという人もいるそうですよ。

では、そんなオナニーやセックス以上の快感を得られる夢精、できるものなら感じてみたいですよね!そこで次からは夢精をする方法を3つご紹介していきます。

夢精をする方法1:オナニーをしないようにする

先ほども言った通り、オナニーをしなければ精液が体内に溜まったままになりますから、射精反射が起こりやすくなります。つまり、夢精が起こりやすくなるのです。

またオナニーを2~3日していないと、やはり男性ですからムラムラしてきてエッチな妄想が働きやすくなります。それによって性欲が高まり精神的な部分で夢精が起こりやすくなる状態を自分で作り上げることができるのです。

夢精がしたいと思い立ったら、その日から夢精ができる日までオナニーを我慢することをオススメします。

もしもどうしても我慢ができないという人は、絶頂に達する前に止めて寝るという方法もおすすめです。なんだかもやもやしてしまいそうですが、その分、精液が早く溜まりやすくなりますので、早く夢精ができますよ!

夢精をする方法2:何も履かずに寝る

なんと夢精をするには、寝る時に何も履かないというのもとても有効な方法だと言われています。それはなぜなのか。実は精巣というのは、体内よりも2~3度ほど温度が低くなると、通常よりも活発に働きやすくなると言われています。

精巣が活発になれば、それだけ射精がしやすい状況が作られるということにもなりますから、夢精が起こるチャンスが一気に高まるということにも繋がります。

ですがただ単に体を冷やせばいいというものではありません。上も着ずに全裸で寝てしまうと風邪を引いてしまいますし、体全体が冷えてしまいますので、精巣との温度差が作れなくなってしまうという可能性も生じてきます。そうなってしまえば努力も水の泡になってしまいますので、ぜひ下だけ履かずに寝てみましょう。

夢精をする方法3:寝る前にエッチな妄想力を高める

これも夢精をするためにはとても大切なことだと言えます。オナニーを我慢すれば、ムラムラ感は発達するでしょうが、より夢精が行われやすくするためにも、寝る前にエッチな雑誌を見てみたり、エロサイトを読んでみたり、AVを鑑賞するのも良いかもしれませんね!

このようにして寝ている間もエッチな夢が出てきやすくなるような状況を作ることも大事になってきます。夢を見ている感覚がなくても、脳内ではその映像がしっかりとインプットされて、思い出しているといった現象が起きているでしょうから、効果的です。

とにかく1番のオナニーを禁止するということとこれを合わせて行うことによって、より効果が期待できますので試してみる価値はありそうです。

夢精をする方法4:いつもとは違う環境で睡眠

そして夢精をする方法として、環境を変えてみるという手段も有効です。これは先にご紹介した「ストレスが原因で夢精が起こることもある」という話に繋がってきます。

ストレスを抱えることによって、身体が危機感にさらされ、より性欲が増すというお話はしました。環境が変わることで、自分自身はあまりなんとも感じていないけれども、実はストレスを感じていたということもあります。

そうすることでいつもよりも性欲が強くなり、夢精が起こりやすくなる状態を作ることができるのです。もしも1人暮らしだという男性ならば、1週間ほど安いホテルに泊まって環境を変えてみるというのも良いでしょう。

夢精をする方法5:疲労やストレスを溜める

先ほど「疲れると夢精の原因になる」というお話をしました。その理由と同じで、疲れていると人間は自然とセックスやオナニーを自らから遠ざけてしまうという心理状態になります。セックスやオナニーは体力を使いますから当然ですよね。

しかし先ほど言った通り、人間の体は疲れていたとしても、古い精子を体外に排出したいと思っています。そのため、寝ている間に勝手に射精をしてしまうのです。

もしも夢精がしたいと思うのであれば、とにかく身体的にも精神的にも自分を追い詰め疲れさせ、自然にオナニーやセックスをしない生活に持って行くというのも1つの手段です。

しかしもちろん疲れというのは身体に良くないです。したがって、「もう耐えられない!」と感じたらすぐに止めましょう。

夢精をする方法6:精力増強サプリを飲む

そして精力増強サプリを飲むというのも効果的です。精力を増強させてから寝ることによって、より体は性的な行為を求めることになります。したがって、夢精が起こりやすくなるのは必然的ですよね!

特に亜鉛が多く含まれている精力増強サプリは有効でしょう。亜鉛というのは昔から精力増強に良いとされており、アメリカでは「セックスミネラル」という別名まであるほど効果があるとされています。

実は男性の体内から夢精の時にも出てくる精子には、5%とほど亜鉛が含まれていると言われています。したがって、亜鉛を普段から意識して摂取をすることで、より精子の量が多くなるのです。

すると古くなった精子を体から排出したいという構造になっている体は、いつもよりも早い段階でその現象が起きやすくなるのです。そこで性行為をしていないと、寝ている間に勝手に射精をする、いわゆる「夢精」という現象が起きやすくなります。

夢精をする方法7:股間を暖める

そして夢精をするために股間を暖めてみるというのも1つの手段でしょう。股関節にはリンパ腺があります。そのためリンパ腺のある股間辺りを暖めることで、余分な水分に値するものは排出しようという活動が活発になるのです。

したがって、古い精子なども余分な水分に値するため、暖めることによって排出しよう言う活動と共に、夢精として射精することがあります。

しかしこの方法は、良い方法とは言えません。あまり高い温度で暖め過ぎてしまうと、中には精子が死んでしまうということもあります。したがって、試してみたいという方は低い温度で短時間行うようにしましょう。

夢精したくない場合はどうすればいい?

ここまでは夢精したい方に向けて様々な方法をご紹介してきました。しかし中には「夢精をしたくない」「夢精をするなんて恥ずかしい」という人もいると思います。その場合はどうすれば良いのでしょうか。

まずは寝る前にトイレに行っておくということが最優先です。射精というのは尿意と似ていますよね。その通りなのです。尿が体内に溜まることによって、前立腺が刺激されてしまうと、それにより夢精が起こってしまう可能性があるのです。

したがって、夢精が起きないようにするためには、まず寝る前にトイレを済ませておくということが大事になってきます。

そしてオナニーをなるべく3日に1度はするように心がけるというのも大切です。頻繁にオナニーをすることによって、古い精子が溜まることがありません。したがって夢精を回避することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です